多摩大学バナー エンプラネットバナー 岐阜精器バナー

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】 自動車内外装における加飾技術の最新動向 【2018年12月14日】

★高透明加飾PPシートの自動車部材、プラスチックの質感を高めるための表面処理手法
★自動車外装への新しい提案「Neo-TOM工法」の紹介と新しい市場を構築する「Neo-TOMⅡ」とは?

次回、ポイント割引が利用できる会員登録(無料)はココをクリック


FAXからのお申し込みは下記PDFパンフレットをご利用ください

PDFパンフレット.jpg

セミナー番号
SS81204 「自動車加飾フィルム」
(※本セミナーにお問い合わせの際は、セミナー番号と略称でお尋ねください)

講 師
 

第1部 出光ユニテック(株) 営業部 加飾プロジェクト プロジェクトマネージャー 多田 圭志 氏

第2部 布施真空(株) 代表取締役社長 三浦 高行 氏

第3部 スバル用品(株) 開発部 副部長 中村 卓生 氏

対 象 自動車加飾技術に関心・課題のある事業企画担当者、研究者、マーケッターなど
会 場
高砂ビル 2F CMC+AndTech FORUM セミナールーム【東京・千代田区】
◆東京メトロ 大手町駅下車 C1出口から徒歩5分
◆東京メトロ 竹橋駅下車 1番出口から徒歩10分、都営新宿線 小川町駅下車 B6出口から徒歩10分
◆神田駅下車 西口から徒歩10分
日 時 2018年12月14日(金) 12:30-16:35
※ 諸般の事情により当初の13日日程から変更となります。ご容赦いただきたく存じます
定 員 30名 ※満席になりましたら、締め切らせていただきます。早めにお申し込みください。
聴講料

 

【1名】32,400円(税込、テキスト費用を含む)

 ※当セミナーはシーエムシー出版との共催セミナーであるため定価でのみの販売となります。ポイント利用はご遠慮願います。

 

申込後 ※ お申し込み後、受講票と請求書を郵送しますので、請求書記載の銀行口座に沿って、お振り込みをお願いします ※ 受講券、請求書は、2名以上でお申し込みをされた場合は、代表者様にご郵送いたします ※ 請求書および領収書の発行形式への要望があれば、申込時、備考欄へ記載ください ※ 参加者は、途中変更も可能です。参加時に名刺をご持参ください ※ ご参加手続きの際、自宅住所やフリーアドレス、個人携帯番号のみで登録された場合は、ご所属確認をさせいただくことがございます
お申込


このセミナーに申し込む.gif
お申込み専用ホームページに移動します

第1部 高透明加飾PPシートの開発と自動車加飾用途への展開
【12:30-13:45】

講師: 出光ユニテック(株) 営業部 加飾プロジェクト プロジェクトマネージャー 多田 圭志 氏

【講演趣旨】
高透明加飾シートの用途展開として自動車内外装での加飾シートの提案を致します。具体的には当社加飾シートでの用途展開や塗装・印刷レスシートのご紹介等自動車部材における当社の開発商品をご説明します。

【プログラム】 
1.当社概要説明

2.高透明加飾PPシートの紹介

3.新規開発商品の紹介

4.当社開発体制(ICWL)のご紹介

5.自動車用途における今後の展開

【質疑応答 名刺交換】



第2部 Neo-TOM工法による自動車外装への加飾~(Wet工法からDry工法への開発)
【13:55-15:10】

講師: 布施真空(株) 代表取締役社長 三浦 高行 氏

【講演趣旨】
TOM工法」の原理とプロセスを解説し、その特徴と実用化例を紹介するとともに、使用される表皮材(フィルム)について述べる。また、自動車外装への新しい提案「Neo-TOM工法」の紹介と新しい市場を構築する「Neo-TOMⅡ」の展望について述べる。

【プログラム】 
1. TOM工法(原理・プロセス・特徴)

2. 実用例(自動車内外装品)

3. TOM工法に使用される表皮材と形態

4. プラスチック加飾における位置付

5. Neo-TOM工法

6. 気体受治具

7. Neo-TOMプロセス(ルーフへの対応)

8. Neo-TOMプロセス(ドアー・ボンネット等への対応)

9. Neo-TOMイメージ

10. 機能を付加する加飾

11. Neo-TOMの位置付け

12. それぞれのCore Technologyの付与範囲図

【質疑応答 名刺交換】



第3部 自動車内装に求められるプラスチック部品の加飾デザイン
【15:20-16:35】

講師: スバル用品(株) 開発部 副部長 中村 卓生 氏

【講演趣旨】
自動車内装のプラスチック部品の表面処理について、安心と愉しさをブランド価値として掲げているスバルのカラーデザイナーたちが、何を考え、どのようにアプローチして、お客様の期待を超える内装空間の実現を目指しているのか?事例を用いながら紹介いたします。

【プログラム】
1. スバルの考える提供価値について
1-1 安心と愉しさ
1-2 スバルのデザイン戦略
1-3 自動車内装での表現の落とし込み
1-4 カラーデザインの役割

2.プラスチックの質感を高めるための表面処理手法
2-1 本物感の表現
2-2 手の込んだ表現
2-3 デザイナーの取り組み

3.プラスチック質感デザインの方向性
3-1 加飾表現に求められるもの
3-2 グレードマネージメント
3-3 加飾デザインのアイデアソース

【質疑応答 名刺交換】

&Tech会員サービスのご案内

&Tech会員様(無料)はご購入商品額の10%をポイントに変換し、次回以降ご利用いただけます。

(無料)会員登録&会員特典の情報はこちら