多摩大学バナー エンプラネットバナー 岐阜精器バナー

【シーエムシー出版・AndTech 共催セミナー】 『発泡成形における材料技術と製品・プロセスの最新技術』 ~PPの発泡特性改良効果・発泡剤の選択・成形条件の最適化・MuCell~【2018年6月28日】

★適切な樹脂と発泡剤の選択、成形法の選定とは?樹脂、発泡剤、成形という3分野からきちんと学ぶ!

★★★このセミナーは“事前予約可能セミナー”です★★★

次回、ポイント割引が利用できる会員登録(無料)はココをクリック


FAXからのお申し込みは下記PDFパンフレットをご利用ください

PDFパンフレット.jpg

セミナー番号
S80605 「発泡成形」
(※本セミナーにお問い合わせの際は、セミナー番号と略称でお尋ねください)

講 師
 
第1部 日本ポリプロ(株) 材料技術センター 新規材料開発グループ 主任研究員 飛鳥 一雄 氏

第2部 永和化成工業(株) 研究開発部 岩﨑 大 氏

第3部 (株)日本製鋼所 広島製作所 射出機械部 成形技術G 内藤 章弘 氏
 
対 象 発泡成形技術に関心・課題のある事業企画担当者、研究者、マーケッターなど
会 場
高砂ビル 2F CMC+AndTech FORUM セミナールーム【東京・千代田区】
◆東京メトロ 大手町駅下車 C1出口から徒歩5分
◆東京メトロ 竹橋駅下車 1番出口から徒歩10分、都営新宿線 小川町駅下車 B6出口から徒歩10分
◆神田駅下車 西口から徒歩10分
日 時 2018年6月28日(木) 12:30-16:35
定 員 30名 ※満席になりましたら、締め切らせていただきます。早めにお申し込みください。
聴講料
【1名】32,400円(税込、テキスト費用を含む)

 ※当セミナーはシーエムシー出版との共催セミナーであるため定価でのみの販売となります。ポイント利用はご遠慮願います
申込後 ※ お申し込み後、受講票と請求書を郵送しますので、請求書記載の銀行口座に沿って、お振り込みをお願いします ※ 受講券、請求書は、2名以上でお申し込みをされた場合は、代表者様にご郵送いたします ※ 請求書および領収書の発行形式への要望があれば、申込時、備考欄へ記載ください ※ 参加者は、途中変更も可能です。参加時に名刺をご持参ください ※ ご参加手続きの際、自宅住所やフリーアドレス、個人携帯番号のみで登録された場合は、ご所属確認をさせいただくことがございます
お申込


このセミナーに申し込む.gif
お申込み専用ホームページに移動します

第1部 発泡成形用ポリプロピレン樹脂の特性・期待用途
【12:30-13:45】

講師: 日本ポリプロ(株) 材料技術センター 新規材料開発グループ 主任研究員 飛鳥 一雄 氏

【講演趣旨】 
近年、環境的側面より軽量化ニーズが高まっており、樹脂発泡製品の適用がさらに拡がりを見せている。従来のポリプロピレン(PP)の発泡特性の課題を解消した新規高溶融張力PPの射出及び押出発泡成形性について報告する。

【プログラム】 
1.発泡成形におけるPPの課題と改良
1-1 発泡成形について
1-2 発泡成形に求められる樹脂特性
1-3 新規高溶融張力PPの基本特性

2.射出発泡成形分野への適用
2-1 最近の射出発泡成形プロセス
2-2 発泡特性改良効果
2-3 発泡部材の特性

3.押出発泡成形分野への適用
3-1 発泡特性改良効果
3-2 発泡シートの熱成形性

【質疑応答 名刺交換】



第2部 化学発泡剤を用いた樹脂の発泡成形について
【13:55-15:10】

講師: 永和化成工業(株) 研究開発部 岩﨑 大 氏

【講演趣旨】 
主要な化学発泡剤の紹介とその特徴の説明。また、樹脂の発泡成形に化学発泡剤を用いる際にポイントとなる点をいくつか説明し、発泡成形を行う方法を、いくつかの実施例を交えて紹介する。

【プログラム】 
1.化学発泡剤
1-1 熱分解型化学発泡剤
1-2 樹脂の発泡に用いられる主要な化学発泡剤
1-3 各発泡剤の特徴と取り扱いの注意

2.化学発泡剤を用いた発泡成形

3.発泡成形の高度化
3-1 発泡剤の選択方法
3-2 発泡成形条件の最適化

4.発泡成形実施例と注意点

5.化学発泡剤の新技術

【質疑応答 名刺交換】



第3部 物理発泡成形技術の実用化とこれからの取り組み
【15:20-16:35】

講師: (株)日本製鋼所 広島製作所 射出機械部 成形技術G 内藤 章弘 氏

【キーワード】
物理発泡成形、MuCell、RIC-FOAM、低圧発泡、軽量化、ソリ改善

【講演趣旨】
高圧ガス装置で昇圧した物理発泡剤(窒素、二酸化炭素など)を用いる微細射出発泡成形技術MuCellを紹介し、その原理、技術的な特徴、課題などについて、当社のこれまでの技術開発の歴史を踏まえて解説する。また、マクセル(株)と開発した高圧ガス装置を用いない新しい物理発泡成形技術RIC-FOAMの原理、特徴などについて、従来法との比較という観点から紹介する。

【プログラム】 
1.MuCell射出成形法概要
1-1 化学発泡成形と物理発泡成形の違い
1-2 MuCellの技術概要と成形システム
1-3 MuCell射出成形法の特長

2.MuCell技術導入と固有技術開発の歴史

3.MuCellの実用化展開
3-1 MuCellでの量産事例
3-2 MuCellの課題とその対策

4.高圧装置を用いない新しい発泡成形技術『 RIC-FOAM 』
4-1 低圧発泡成形技術(RIC-FOAM)とは
4-2 発泡成形事例
4-3 特長
4-4 他の発泡成形法との性能比較

5. これからの取り組み

【質疑応答 名刺交換】

&Tech会員サービスのご案内

&Tech会員様(無料)はご購入商品額の10%をポイントに変換し、次回以降ご利用いただけます。

(無料)会員登録&会員特典の情報はこちら