多摩大学バナー エンプラネットバナー 岐阜精器バナー

高周波対応インダクタの基礎・部材開発と小型化、高性能化の要求~電子部品としての信号インダクタ・近距離通信のカギを握るデバイス~【2017年5月24日】

★高周波信号用インダクタの必須知識として、無線通信から高周波の基礎知識を解説!電子部品(受動部品)の役割や課題を解説します!
★電子部品としての、コンデンサ、インダクタの役割とは?
★車載機器の電子部品の増加に伴い、重要なパーツの必須知識を身に着ける!

★★★このセミナーは“事前予約可能セミナー”です★★★


FAXからのお申し込みは下記PDFパンフレットをご利用ください

PDFパンフレット.jpg

セミナー番号
S70522 「高周波インダクタ」
(※本セミナーにお問い合わせの際は、セミナー番号と略称でお尋ねください)

講 師
 

 

NPO サーキットネットワーク (理事 コンサルタント) 梶田 栄 氏

 

対 象 電子部品、インダクタに関心のある方
会 場
高砂ビル 2F CMC+AndTech FORUM セミナールーム【東京・千代田区】
◆東京メトロ 大手町駅下車 C1出口から徒歩5分
◆東京メトロ 竹橋駅下車 1番出口から徒歩10分、都営新宿線 小川町駅下車 B6出口から徒歩10分
◆神田駅下車 西口から徒歩10分
日 時
2017年5月24日(水) 13:30-16:30
定 員 30名 ※満席になりましたら、締め切らせていただきます。早めにお申し込みください。
聴講料

 

【1名の場合】27,000円(税込、テキスト費用を含む)

【2名の場合】32,400円(税込、テキスト費用を含む)

【3名以上の場合は一名につき、5,400円加算】(税込、テキスト費用を含む)
※3名以上ご要望の場合は2名を選択し、備考欄にその旨お書きくださいませ

 ※ AndTechの講習会は、営業割引、ポイント割引など、2種類以上の割引は、同時には適用されません

※ またキャンペーン価格、講師紹介割引、営業割引等も含め、割引はいずれか一種類の割引の選択をお願いいたします。誤って、2種類以上の割引を同時にご利用された方には、後程、事務局より割引選択のための確認連絡をいたします

 

お申込


このセミナーに申し込む.gif
お申込み専用ホームページに移動します

 

【著作・受賞・経歴】
1987年に鉄道車両関係の企業より㈱村田製作所へ転職。㈱村田製作所には通算27年間勤務。内訳はドイツ村田[ニュルンベルク]を含め小松村田製作所、金沢村田製作所など工場経営を通算10年間担当。また高周波モジュールを中心に商品経営を通算10年間担当。残り7年間は渉外業務で業界活動を行い、2014年6月に退職。現在はNPOサーキットネットワークに所属して活動する傍ら、企業コンサルタントや電子部品に関する講演活動を中心に活動中。

【キーワード】
1.無線通信
2.高周波
3.インダクタ
4.ESR
5.第五世代携帯電話
6.近距離通信
7.インピーダンス
8.インダクタンス
9.電子部品
10.小型化

【講演主旨】
インダクタは電気エネルギー用の高圧タイプから、高周波信号用の小型タイプまで各種あります。今回は高周波信号用インダクタの技術者を対象として、無線通信から高周波の基礎知識を解説し、電子部品(受動部品)の役割や課題を解説します。

【プログラム】
1. 無線通信のしくみ
1-1 無線通信の歴史
1-2 無線通信の種類
1-3 携帯電話の今後

2. 高周波
2-1 高周波とは
2-2 高周波の特徴
2-3 アナログ信号とデジタル信号

3. 電子部品
3-1 電子部品の種類
3-2 電子部品の役割
3-3 コンデンサの役割
3-4 インダクタの役割

4. 信号用インダクタ
4-1 信号用インダクタの種類と構造
4-2 信号用インダクタの特徴
4-3 信号用インダクタの課題
4-4 信号用インダクタの今後

5. まとめ

【質疑応答・名刺交換】

&Tech会員サービスのご案内

&Tech会員様(無料)はご購入商品額の10%をポイントに変換し、次回以降ご利用いただけます。

(無料)会員登録&会員特典の情報はこちら