多摩大学バナー エンプラネットバナー 岐阜精器バナー

マイクロナノバブルの基礎と気泡制御技術、装置の選択、応用例、実用化・開発動向【2015年2月27日】

 ★今後、様々な業界にイノベーションをおこすマイクロナノバブル技術!
★マイクロ、ナノバブルの発生メカニズムは?発生装置の仕組みは?
★農業、養殖、工業、食品製造、環境改善へのマイクロナノバブル応用事例

★事前内容リクエストサービス実施中! お客様の実務課題の持ち込み大歓迎です!
★★★このセミナーは“事前予約可能セミナー”です★★★

FAXからのお申し込みは下記PDFパンフレットをご利用ください

PDFパンフレット.jpg

セミナー番号
S50203 「マイクロナノバブル」
 (※本セミナーにお問い合わせの際は、セミナー番号と略称でお尋ねください)

講 師
 
第1部 公益財団法人 京都高度技術研究所 (ASTEM) 宇田 啓一郎 氏
第2部  (株)ナック 代表取締役会長 中島 洋司 氏
対 象マイクロバブルに関心のある企業担当者、研究者、マーケッター
会 場
東京中央区立産業会館 4F 第4集会室【東京都・中央区】
◆JR総武快速線 馬喰町駅 東口改札経由 C1出口 5分
◆都営新宿線 馬喰横山駅 地下通路経由 B4出口 5分
日 時
2015年2月27日(金) 13:20-16:30
定 員20名 ※満席になりましたら、締め切らせていただきます。早めにお申し込みください
聴講料
【早期割引価格:1社2名】46,440円(税込、テキスト費用を含む)
⇒2月14日以降のお申込は49,680円(税込、テキスト費用を含む) となります

【3名の場合】69,660円(税込、テキスト費用を含む)
お申込


このセミナーに申し込む.gif

お申込み専用ホームページに移動します


 
第1部 マイクロナノバブルの基礎と産業応用例、今後の展開
【13:20-14:50】

講師:公益財団法人京都高度技術研究所 (ASTEM) 宇田 啓一郎 氏

【プログラム】
【近日公開予定】


第2部 マイクロナノバブル発生装置の開発と気泡制御技術、応用例、今後の展開
 
【15:00-16:30】

講師: (株)ナック 代表取締役会長 中島 洋司 氏

【キーワード】
1. マイクロバブル
2. ナノバブル
3. オゾンマイクロバブル

【キーワード】
 ナックが製造する独自方式のマイクロナノバブル発生装置は近年様々な用途に利用されている。
特徴がある気泡の性質により従来技術では成しえなかった事が可能となった事例もあり、今後様々な業界にイノベーションをおこす可能性がある技術である。
 マイクロナノバブル発生装置を導入した事例について分野ごとに説明し、新たな可能性の提案を行う。

【プログラム】
1.はじめに
 1-1 ナックについて(会社紹介)
 1-2 主な事業活動

2.ナック製マイクロナノバブルについて
 2-1 マイクロナノバブル発生メカニズム
 2-2 ナック製マイクロナノバブルの特徴

3.農業、養殖へのマイクロナノバブル応用事例
 3-1 農家での利用例
 3-2 養殖での利用例
 3-3 農業技術センターでの比較試験

4.工業へのマイクロナノバブル応用事例
 4-1 部品洗浄への応用事例
 4-2 表面改質への応用事例
 4-3 排水処理への応用事例
 4-4 クーラント液浄化装置

5. 食品製造へのマイクロナノバブル応用事例
 5-1 食品、器材の洗浄装置
 5-2 マイクロナノバブル入り新商品開発
 5-3 製造工程への応用事例

6.環境改善へのマイクロナノバブル応用事例
 6-1 閉鎖性水域の環境改善
 6-2 深井戸洗浄装置への応用事例
 6-3 土壌改良への応用提案

7. 今後の展望

【質疑応答 名刺交換】

&Tech会員サービスのご案内

&Tech会員様(無料)はご購入商品額の10%をポイントに変換し、次回以降ご利用いただけます。

(無料)会員登録&会員特典の情報はこちら