多摩大学バナー エンプラネットバナー 岐阜精器バナー

コンクリート/セメント材料・化学混和剤の基礎と耐久性・作用機構、高機能化設計のポイント、市場および開発動向【2015年3月31日】

 ★入手しやすいイソシアネート、環境に良いイソシアネート、今後の課題は?

★事前内容リクエストサービス実施中! お客様の実務課題の持ち込み大歓迎です!
★★★このセミナーは“事前予約可能セミナー”です★★★

FAXからのお申し込みは下記PDFパンフレットをご利用ください

PDFパンフレット.jpg

セミナー番号
S50304 「化学混和剤」
 (※本セミナーにお問い合わせの際は、セミナー番号と略称でお尋ねください)

講 師
 

第1部 東京工業大学

第2部 BASFジャパン(株) 

対 象コンクリート/セメント材料・化学混和剤に関心のある企業担当者、研究者、マーケッター
会 場
東京中央区立産業会館 4F 第4集会室【東京都・中央区】
◆JR総武快速線 馬喰町駅 東口改札経由 C1出口 5分
◆都営新宿線 馬喰横山駅 地下通路経由 B4出口 5分
日 時
2015年3月31日(火) 13:20-16:30
定 員25名 ※満席になりましたら、締め切らせていただきます。早めにお申し込みください
聴講料
【早期割引価格:1社2名】46,440円(税込、テキスト費用を含む)
⇒3月17日以降のお申込は49,680円(税込、テキスト費用を含む) となります

【3名の場合】69,660円(税込、テキスト費用を含む) ※1名辺り23,220円(税込)
お申込


このセミナーに申し込む.gif

お申込み専用ホームページに移動します


第1部:化学混和剤を利用したコンクリート・セメント材料技術の基礎と
                 物性評価、高機能化設計のポイント、研究動向

【13:20-14:30】

【キーワード】

1.コンクリート・セメント材料
2.分散剤
3.低水粉体比
4.低炭素化促進法
5.耐久性

【講演主旨】
一方、セメントコンクリート分野においては、コンクリートの高性能化に加えて、CO2削減も重要な課題となりつつある。これに関連して、我が国でも幾つかの国家プロジェクトも進められている。特に、都市開発に関する低炭素化促進法が制定され、耐用年数を延ばす対策や混合セメントの利用などが推奨されている。このような低炭素化セメントコンクリートと関連した化学混和剤の開発も重要となる。例えば、遅延剤を用いた生コンスラッジのリサイクルシステムや混合セメントあるいは鉱化剤や融剤を用いた低炭素型セメントの利用における分散剤の最適化などがあげられる。また、超高強度セメント系材料すなわち超高耐久セメント系材料を利用し、耐用年数を延ばすことでもセメントコンクリートの低炭素化は実現する。その際、新たな分散剤の開発も必要となる。非常に低水粉体比での分散剤の作用機構は、通常の水粉体比とは異なる。この作用機構の解明は今後の新たな分散剤の開発にもつながる。本研究では、低炭素化セメントコンクリートシステムと関連した化学混和剤の利用や作用機構について紹介する。

【プログラム】

1.コンクリート・セメント材料技術の基礎

 1-1  コンクリートの高性能化

  1-2 低炭素化社会資本整備について

  1-2-1 都市開発と低炭素化促進法

  1-2-2 耐用年数を延ばす対策

  1-2-3 混合セメントの利用

2.遅延剤による生コンスラッジのリサイクルシステム

 2-1 遅延剤

 2-2 生コンスラッジのリサイクルシステムとその事例

 2-3 混合セメント材料

3.低炭素型セメントと分散剤

 3-1 低炭素型セメントとその材料

 3-2 分散剤の最適化

  3-2-1 鉱化剤

  3-2-2 融剤

  3-2-3 分散の最適化

 3-3 使用例

4.高耐久性コンクリート用分散剤における非吸着高分子の作用

 4-1 超高耐久セメント系材料とその耐久性評価

 4-2 新たな分散剤の開発

 4-3 低水粉体比における分散剤の作用機構

  4-3-1 分散剤の作用機構

  4-3-2 低水粉体比のメカニズム

 4-4 耐久性評価

5.おわりに

【質疑応答】


第2部 コンクリート用化学混和剤の種類と技術的特徴、適用例、市場動向

【15:00-16:30】


【キーワード】

1.化学混和剤

2.コンクリート

3.AE減水剤

 

 

 

&Tech会員サービスのご案内

&Tech会員様(無料)はご購入商品額の10%をポイントに変換し、次回以降ご利用いただけます。

(無料)会員登録&会員特典の情報はこちら