多摩大学バナー エンプラネットバナー 岐阜精器バナー

自己ドープ型導電性高分子の高導電化と課題~SDP・水溶性の導電性高分子における電気伝導度の改善をいかに行うか~【2017年5月30日】

★SDPの高導電化に的を絞って,その現状とより高い電気伝導度を持ったSDP開発の考え方を紹介!
★スルホン化ポリアニリン系SDPの電気伝導度に影響を及ぼす因子とは?
★長年の開発経験を有する講師からの水溶性高分子の高導電化の考え方を参考にする!!


★事前内容リクエストサービス実施中! お客様の実務課題の持ち込み大歓迎です!

★★★このセミナーは“事前予約可能セミナー”です★★★


FAXからのお申し込みは下記PDFパンフレットをご利用ください

PDFパンフレット.jpg

セミナー番号
S70527 「導電性高分子」
(※本セミナーにお問い合わせの際は、セミナー番号と略称でお尋ねください)

講 師
 

小林技術士事務所 所長 工学博士 小林 征男 氏 (※元昭和電工)

対 象 導電性高分子に関心のある方
会 場
東京中央区立産業会館 4F 第2集会室【東京・中央区】
◆都営浅草線 東日本橋駅 浅草橋・押上方面より B3出口 4分
◆都営新宿線 馬喰横山駅 地下通路経由 B4出口 5分
◆JR総武線 浅草橋駅 東口 8分
日 時
2017年5月30日(火) 13:30-16:30
定 員 30名 ※満席になりましたら、締め切らせていただきます。早めにお申し込みください。
聴講料

 
【1名の場合】27,000円(税込、テキスト費用を含む)

【2名の場合】32,400円(税込、テキスト費用を含む)

【3名以上の場合は一名につき、5,400円加算】(税込、テキスト費用を含む)
※3名以上ご要望の場合は2名を選択し、備考欄にその旨お書きくださいませ

※ 弊社講座は、複数でのご参加を希望される場合、サービスとして1名につき、5,400円で何名でも追加の申し込みができますが、同一部署に限ります。なお、別途でのお申し込みは正規料金になります。ご了承ください。 

※ AndTechの講習会は、特別割引とポイント割引など、2種類以上の割引は、同時には適用されません。誤って、2種類以上の割引を同時にご利用された方には、後程、事務局より割引選択のための確認連絡をいたします

 

お申込


このセミナーに申し込む.gif
お申込み専用ホームページに移動します

 

【キーワード】
・自己ドープ型導電性高分子

【講演主旨】
自己ドープ型導電性高分子(SDP)は水溶性の導電性高分子で,電子線リソグラフィー用帯電防止材料として事業化されています。また,SDPは通常の導電性高分子とは異なり,外部ドーパントと必要としないので,耐熱性に優れる等の特長を持っています。しかし,その電気伝導度は100 S/cmに届かず,用途が帯電防止などに限定されていることから,より高い電気伝導度を持ったSDPの開発が望まれています。電気伝導度はキャリア数(ドーピング率)と移動度の積で表され,キャリア数を増やし,移動度を向上させることにより,より高い電気伝導度を有するSDPの開発がです。本講座では,SDPの高導電化に的を絞って,その現状とより高い電気伝導度を持ったSDP開発の考え方を紹介します。 

【プログラム】
1.導電性高分子の導電機構

2.自己ドープ型導電性高分子(SDP)のドーピング機構
2-1 p-型ドーピング
2-2 n-型ドーピング
2-3 自動ドーピング

3.スルホン化ポリアニリン系SDPの電気伝導度に影響を及ぼす因子
3-1 結晶構造
3-2 スルホン化率
3-3 モルフォロジー
3-4 側鎖長
3-5 外部ドーパントの添加

4.スルホン化ポリアニリン系以外のポリアニリン系SDPとその特徴
4-1 リン酸系
4-2 ホウ酸系

5.ポリアニリン系以外のSDPとその特徴
5-1 ポリチオフェン系SDP
5-2 ポリピロール系
5-3 PEDOT系
5-4 ドナー・アクセプター共重合体系SDP

6.SDPの高導電化の考え方

7.SDPの応用と課題

【質疑応答・名刺交換】

&Tech会員サービスのご案内

&Tech会員様(無料)はご購入商品額の10%をポイントに変換し、次回以降ご利用いただけます。

(無料)会員登録&会員特典の情報はこちら