多摩大学バナー エンプラネットバナー 岐阜精器バナー

産業機器用コンデンサの基礎とその種類・特徴、パワ―エレクトロニクス機器での役割【7月30日】

★産業機器に向けたアルミ電解コンデンサ・フィルムコンデンサ・電気二重層コンデンサをどう使用するか?

★事前内容リクエストサービス実施中! お客様の実務課題の持ち込み大歓迎です!
★★★このセミナーは“事前予約可能セミナー”です★★★

FAXからのお申し込みは下記PDFパンフレットをご利用ください

PDFパンフレット.jpg

セミナー番号
S50726 「産業用コンデンサ」
 (※本セミナーにお問い合わせの際は、セミナー番号と略称でお尋ねください)

講 師
 


技術経営教育コンサルタント 博士(工学) 村岡 隆 氏
 (近畿産業技術クラスター協同組合 理事 兼 大阪工業大学 客員教授)
 
対 象 コンデンサに関心のある技術者・研究者・担当部門・初心者など
会 場
東京中央区立産業会館 4F 第1集会室【東京都・中央区】
都営浅草線 東日本橋駅 浅草橋・押上方面より B3出口 4分 
都営新宿線 馬喰横山駅 地下通路経由  B4出口 5分
日 時
2015年7月30日(木) 13:30-16:30
定 員 30名 ※満席になりましたら、締め切らせていただきます。早めにお申し込みください
聴講料

【早期割引価格:1名または2名の場合】43,200円(税込、テキスト費用を含む)
⇒7月17日以降のお申込は46,440円(税込、テキスト費用を含む) となります

【3名の場合】68,040円(税込、テキスト費用を含む)
 
お申込


このセミナーに申し込む.gif

お申込み専用ホームページに移動します


【著作・受賞・経歴】
(受賞)オーム技術賞、日本電機工業会技術功労賞
元 日新電機株式会社 技師長
電気学会 電力用コンデンサ標準化委員会、技術調査専門委員会 委員長

【キーワード】
1.パワーエレクトロニクス
2.フィルムコンデンサ
3.電気二重層コンデンサ
4.環境・エネルギー
 



【講演の要旨】
 科学技術の発展と省エネルギー気運の高まりにより、家庭用・産業用の電気機器のみならず自然エネルギー発電、自動車、鉄道車両と多くの分野でパワーエレクトロニクス化が進み、医療・材料改質などの分野にパルスパワーが応用されています。その発展と共に、コンデンサも小型・高機能化しており、大容量用にはアルミ電解コンデンサに代わり、フィルムコンデンサや電気二重層コンデンサが適用されるようになってきました。
 ここでは、産業機器用コンデンサの基礎とパワ―エレクトロニクス機器での役割、各種コンデンサの種類・特徴、安全性を中心に解説し、環境・エネルギー分野に拡がるパワーエレクトロニクス機器への応用と、今後の動向などを紹介します。
 




【プログラム】
1.産業用コンデンサの基礎
 1-1 原理とその働き
 1-2 実コンデンサの等価回路と特性
 1-3 誘電体の劣化と寿命
 1-4 誘電体の種類と特徴

2.コンデンサとパワエレ
 2-1 パワエレとその働き
 2-2 コンデンサの働きを高機能化したパワエレ
 2-3 パワエレに使われるコンデンサとその特徴
 2-4 パワーデバイスの発展とコンデンサ

3.フィルムコンデンサ
 3-1 種類と構造
 3-2 各種フィルムの特性と性能
 3-3 金属蒸着フィルムコンデンサ
 3-4 フィルムコンデンサの小型・大容量化
 3-5 寿命と安全性
 3-6 パルスパワーへの応用

4.セラミックコンデンサ
 4-1 種類と特徴
 4-2 構造と製造方法
 4-3 信頼性と寿命

5.アルミ電解コンデンサと電気二重層コンデンサ
 5-1 原理と構造
 5-2 特徴と性能
 5-3 寿命と安全性
 5-4 エネルギー蓄積用としての応用
 5-5 コンデンサとバッテリー

6.環境・エネルギー分野へ拡がるパワエレ機器への応用
 6-1 自然エネルギー発電とスマートグリッドへの応用
 6-2 自動車・輸送機器への応用
 6-3 環境・医療分野への応用

7.今後の動向と課題

 【質疑応答 名刺交換】

&Tech会員サービスのご案内

&Tech会員様(無料)はご購入商品額の10%をポイントに変換し、次回以降ご利用いただけます。

(無料)会員登録&会員特典の情報はこちら