多摩大学バナー エンプラネットバナー 岐阜精器バナー

メタマテリアルの基礎・設計と誘電率・透磁率の制御および応用技術【2015年8月25日】

★メタマテリアル+機能材料によるデバイスの開発!
☆光領域・テラヘルツ領域での応用技術!
★MEMSによる光学特性が変わる可変メタマテリアル!!

★事前内容リクエストサービス実施中! お客様の実務課題の持ち込み大歓迎です!
★★★このセミナーは“事前予約可能セミナー”です★★★

FAXからのお申し込みは下記PDFパンフレットをご利用ください

PDFパンフレット.jpg

セミナー番号
S50846 「メタマテリアル」
(※本セミナーにお問い合わせの際は、セミナー番号と略称でお尋ねください)

講 師
 

第1部 防衛大学校 電気情報学群 電気電子工学科 准教授 博士(工学) 道下 尚文 氏

第2部 東京工業大学 量子ナノエレクトロニクス研究センター 助教 雨宮 智宏 氏

第3部 東北大学大学院 工学研究科 ナノメカニクス専攻 准教授 博士(工学) 金森 義明 氏
 
対 象 メタマテリアルに関心のある研究、開発、技術管理、経営企画、新事業探索、品質部門の担当者
会 場
日 時
2015年8月25日(火) 11:00-16:00
定 員 30名 ※満席になりましたら、締め切らせていただきます。早めにお申し込みください
聴講料

【早期割引価格:1名または2名の場合】54,000円(税込、テキスト費用を含む)
⇒8月11日以降のお申込は57,240円(税込、テキスト費用を含む) となります

【3名の場合】 75,600円(税込、テキスト費用を含む)

※昼食は弊社負担にてお弁当を用意させていただきます。
 
お申込


このセミナーに申し込む.gif

お申込み専用ホームページに移動します


第1部 メタマテリアルの基礎・設計とアンテナ応用
【11:00-12:15】

講師:防衛大学校 電気情報学群 電気電子工学科 准教授 博士(工学) 道下 尚文 氏

【著書】
「アンテナの基礎と小形化手法 -メタマテリアル技術のアンテナ応用- (共著)」,
「メタマテリアルII (分担執筆)」.

【受賞歴】
平16年 IEEE AP-S Japan Chapter Young Engineer Award
平17年 電子情報通信学会 学術奨励賞
平25年 電子情報通信学会通信ソサイエティ優秀論文賞.

【講演主旨】
誘電率と透磁率が同時に負となる左手系メタマテリアルは,1968年に理論的に考察され,2000年には負屈折率現象が実証された.アンテナの小形・高機能化の一手法としての利用が期待されるメタマテリアル技術は,素子の設計自由度が広がり,従来にはない特性を有するアンテナの実現に寄与してきた.本講演では,メタマテリアルの基礎とその設計法を解説し,非共振型および共振型メタマテリアルアンテナの例を紹介する.また,最新のメタマテリアル研究動向を示し,今後の展望を述べる.

【プログラム】
1.メタマテリアルの基礎
1-1 右手/左手系複合伝送線路
1-2 電磁界解析によるメタマテリアルの設計法

2.非共振型メタマテリアル
2-1 広帯域漏れ波アンテナ
2-2 薄型メタマテリアル電波吸収体

3.共振型メタマテリアル
3-1 携帯端末用小形広帯域アンテナ
3-2 無線機器外部における干渉低減用メタマテリアル素子
3-3 積層セラミックコンデンサメタマテリアルによる小形細径磁流源

4.電磁バンドギャップ(EBG)構造
4-1 EBGとは
4-2 EBGによるアンテナ間相互結合抑制法
4-3 人工磁気導体


【質疑応答】




第2部 メタマテリアルによる新規機能デバイスの開発と今後の課題(仮)
【13:15-14:30】

講師:東京工業大学 量子ナノエレクトロニクス研究センター 助教 雨宮 智宏 氏

【プログラム】
こちらのプログラムは現在作成中です。
完成次第、公開いたします。


【質疑応答】




第3部 電磁誘起透明化を実現する光メタマテリアルの開発と今後の課題
【14:45-16:00】

講師:東北大学大学院 工学研究科 ナノメカニクス専攻 准教授 博士(工学) 金森 義明 氏

【講演主旨】
メタマテリアルは、サブ波長構造をユニットとした超微細構造体から成る人工光学材料です。自然界に存在しない光学応答やサブ波長空間への電磁場局在特性を実現することができる新たな人工構造体として注目されています。本講座は、光領域で電磁誘起透明化を実現するメタマテリアルの設計、製作、光学特性を中心に解説します。

【プログラム】
1. はじめに
1-1 メタマテリアルとは
1-2 メタマテリアルによる屈折率の制御
1-3 光メタマテリアルの製作方法
1-4 光メタマテリアルの応用

2. カットワイヤ型光共振器を例とした構造が光学特性に及ぼす影響
2-1 共振器長さの影響
2-2 クロム層の影響
2-3 共振器厚さの影響
2-4 共振器側面角度の影響
2-5 基板の影響

3. 電磁誘起透明化(EIT)メタマテリアル
3-1 EIT現象
3-2 EITメタマテリアルの原理
3-3 応用例
3-4 光領域で応答するEITメタマテリアルの課題

4. 近赤外域で応答するEITメタマテリアル
4-1 形状の影響
4-2 設計
4-3 電磁場分布
4-4 製作方法
4-5 製作結果と光学特性

5. 可視域で応答するEITメタマテリアル
5-1 設計
5-2 製作結果と光学特性

6. おわりに

【質疑応答】

&Tech会員サービスのご案内

&Tech会員様(無料)はご購入商品額の10%をポイントに変換し、次回以降ご利用いただけます。

(無料)会員登録&会員特典の情報はこちら